三味線の豆知識

三味線の胴

三味線の祖先は 三味線の胴は、一般的に花林という木で作られます。
胴の内側が丸くなっているものを丸打胴。胴の内側が綾杉状になっているものを綾杉胴。綾杉胴の中でも太い彫と細い彫が交互に加わっているものを子持ち綾杉(右の画像参照)といいます。
基本的には丸打胴で、並紅木よりも上のものは綾杉胴になっていることがほとんどです。また、胴の重さを調整するために削る場合や、音を変化させようと胴の中に木を何本も付け足すなど、胴を見るだけでも職人の試行錯誤が見られる。